2009年08月09日

ギター協奏曲 ヴィラ=ロボス

villa1
villa1 posted by (C)hiro

villa2
villa2 posted by (C)hiro

レスパスというフランスの文化会館で、ヴィラ=ロボスの曲をやるコンサートに行ってきました。
チェロ、フルート、室内弦楽器でブラジル風バッハなどを演奏していましたが、極めつけはギター協奏曲です。
日本人の坂場圭介さんというギタリストが、ベトナム交響楽団にジョインして演奏していました。

最初出てきたときは若くてちょっと不安そうな感じでしたが、さすがしっかりしたプロの経歴を持つだけあって、オーケストラをバックにしっかり弾ききっていました。

ギター協奏曲はセゴビアがヴィラ=ロボスに依頼して書かせた曲です。
セゴビアはギターをクラシック楽器として認めさせるために、いろいろな作曲家に協奏曲の作曲を依頼しました。
その中の一つがギター協奏曲です。

しかしセゴビアはギターの神様とはいえ、偏屈なおじさんです。
ヴィラ=ロボスに曲を作らせはしたが、ギター協奏曲は気に食わず、自分で弾くことはありませんでした。

同じように、スペインのロドリーゴが作曲したアランフェス協奏曲も、弾いていません。これはたぶん初演者としてサインス・デラマーサが選ばれたので、それをねたんでいたというのが通説です。
ロドリーゴはそのあとでセゴビアの機嫌を損ねないために、「ある貴紳のための協奏曲」を書いてセゴビアにささげています。この「貴紳」というのはもちろんセゴビアのことです。「ある貴紳のための協奏曲」も名曲としていろろなギタリストに弾かれています。

さて、ギター協奏曲。
ギター協奏曲はすごくかっこいいのに弾いている人がとても少ない。
特に第二楽章の最初のメロディー、ギターの入り方なんかとっても好きです。きのうは初めて生で聞いて一人で鳥肌立っていました。

でも、きのう聞いていてこの曲があまり弾かれないわけもなんとなくわかりました。
それは、ギターのパートとオーケストラパートの音の住み分けの問題です。
ギターがクラシック楽器としての地位を高められない理由はひとえに音量の問題です。ほかの弦楽器や管楽器に比べてあまりに音が小さすぎるのです。

だから協奏曲を作る時も、ギターの音をいかに目立たせるかということが重要になってきます。
ヴィラ=ロボスのギター協奏曲はもちろん肝心な部分はギターパートがしっかり目立っているのですが、オーケストラが鳴り響いているときにギタリストが難しいスケールを超高速で弾いていて、それがもったいないことに聞こえないのです。セゴビアもたぶんこの曲のそういうところが気に食わなかったんだと思います。
自分が超うまいのに、まわりの音にかき消されて全然目立たない。
そういうシチュエーションはセゴビアが最も嫌いそうなところです。

でも、ヴィラ=ロボスの立場から言わせてみるとそんなことはどうでもいいことだったんじゃないかと思います。
ヴィラ=ロボスの曲はブラジルの大地に根づいた広大な音楽です。ギターという楽器をもちろん愛してはいたでしょうが、その楽器のために自分の音楽を変えることはしない。
おそらくそこがセゴビアとの決定的な違いでしょう。

ヴィラ=ロボスの12の練習曲なんかも、ある意味ギターをなめているからこういう曲が作れるんじゃないかって思うことがあります。みんながんばってむずかしい曲を書いているど、こんな簡単に書いてもすごい迫力の曲はできちゃうんだよ。ほらね。って感じ。

ぼくはギターしか弾けないのである程度セゴビアの気持ちもわかるけど、音楽的にはヴィラ=ロボスの志向を支持します。
音楽あってのギターであり、音楽を無視したギターにはなんの価値もありません。まあ、そんなひどいギター曲に出会ったことはありませんが・・・
posted by →hiroyoshi at 02:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ヴィラ=ロボス ナイト!

ベトナム交響楽団で、ブラジルのクラシック作曲家エイトル・ヴィラ=ロボスの没後50周年コンサートをやるそうです。

ヴィラ=ロボスはぼくが大学生のときにクラシックギターをはじめて、最初にはまった作曲家です。
かれが作曲したギター曲は、プレリュード5曲と、エチュード12曲と、ショーロス1番の計18曲です。

あと、オーケストラとのギター協奏曲があります。
ぼくが練習した(かじった)のは以下10曲

プレリュード1,3,4,5
エチュード1,8,10、11,12
ギター協奏曲のカデンツァ

ですが、今でも弾けるのはこの中の3曲ぐらい・・・

ギター曲の中でも音楽的に一番魅力があるのは、やっぱりギター協奏曲です。
セゴビアはヴィラ=ロボスにこの曲を作らせたけど気に食わなかったから弾かなかったというエピソードがあります。
でも、ぼくは泣きのメロディーがいっぱい詰まって、かつそれがブラジルの広大な自然に消えていくようなヴィラ=ロボスの音楽が大好きです。

一般的に有名なのは「ブラジル風バッハ」の5番のアリアですが、これも今回聞けるので超楽しみです。

Villa-Lobos Night

HONNA-Tesuji

SAKABA-Keisuke Nguyen Dieu Hong Nguy Tri Dung
50 years after Villa-Lobos’s death

7&8/8/2009

Conductor: HONNA Tetsuji
Guitar: SAKABA Keisuke
Flute: Nguyễn Diệu Hồng
Basoon: Nguyễn Trí Dũng
VNSO Cello Section

Tác phẩm/Program
Villa-Lobos
(1887-1959)
Bachianas Brasileiras no.6
Guitar Concerto 1951
Bachianas Brasileiras no.1
Bachianas Brasileiras no.5

20h00 at L’espace, 24 Trang Tien, Ha Nội

http://vnso.org.vn/NewsEventDetail.aspx?ItemID=103&lang=EN
posted by →hiroyoshi at 14:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

おりがみ

ネタに尽き果てた中学生クラス。
きのうは折り紙をおりました。

作ったものはかろうじてぼくが作れそうな、紙飛行機とつる。
それでもぼくは折り紙の本を引っ張り出して、授業中も読みながらおる始末。

しかし、教えなくても学生のほうが知っていますね。つるなんかは。
半分ぐらい教えたらだれも聞かなくなって、よく見たらみんな完成して次のを折り始めていました。
先生の存在って・・・?

一応日本語と関連させるために、黒板に的を書いて飛行機を飛ばして的当てしました。グループごとに点を競わせました。
数字を1から13ぐらいまで言わせることができました。

ほとんど勉強にはなっていないけど、90分もあるから遊ばせとかないと収集つかないんですよ。やつら。
posted by →hiroyoshi at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

練習帳

ディアンスのフォーコをパソコンで録音してみました。
まだまだですが本番までには20日ほどあるのでだめな点をおさらいするにはいいでしょう。

下手だし録音状況も悪い。
聞かなくていいですよ。まじで。

No.10-Track001_0:00-3:25(3:25).wma
posted by →hiroyoshi at 01:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

ハノイから日本への航空券

今日買ってきました。

チャン・ティ(Trang thi)通りのベトナム航空オフィスで買いました。
ハノイ→東京 で530ドルぐらい。
聞いていたのより意外な安さ。

visaカードでお支払い。
フラッと行ったわりに簡単に買えちゃいました。

9月9日の夜0時5分ハノイ発。
9月10日の6時50分成田着。

と、書いておけばだれか見送りorお迎えに来てくれるのだろうか・・・?
posted by →hiroyoshi at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

朝顔

実家の朝顔
実家の朝顔 posted by (C)hiro

実家から朝顔の写真を送ってくれました。
日本も夏ですか?
ハノイはかなり前から夏です。
posted by →hiroyoshi at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ジャズクラブの風景

ミンズ・ジャズ・クラブに行ってきました。
うちの姉さんがラオスで知り合ったジプシー・ギターのギタリストや飛び入りのサックス奏者が演奏していました。
あんなふうにセッションできたら楽しいでしょうね。
いいな、いいな、いいな!

ミンズ・ジャズ・クラブ
ミンズ・ジャズ・クラブ posted by (C)hiro
posted by →hiroyoshi at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タピオカ・ティー

学校のすぐ横にタピオカ・ティーの売店ができました。
みんなが言うにはちゃちい妥協の味だそうですが、7000ドンで甘くて冷たいものを飲むならこれで十分おいしいですぞ!

タピオカ・ティー
タピオカ・ティー posted by (C)hiro
posted by →hiroyoshi at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヌイチュック通りのパン

キンマーからヌイチュック通りにまがってすぐ左側にパン屋があります。
ここのパン屋のバゲット(フランスパン)が、焼きたてだと感動的に美味しいです。
4時ぐらいに焼けることが多いみたい。

ヌイチュックのバゲット
ヌイチュックのバゲット posted by (C)hiro
posted by →hiroyoshi at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホー・タイのアヒルさん

日曜日にホー・タイ(西湖)であひるさんに乗ってきました。
自転車ペダルで漕ぐやつです。

果てしなく広い湖を向こう岸まで行こうとしたら、モーターボートのおじさんが追ってきて怒られました。

1時間5万ドンでした。

アヒルさん
アヒルさん posted by (C)hiro
posted by →hiroyoshi at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。