2009年03月20日

昔馴染み

昔と言っても三年前ですが、ハイズンの企業で以前に教えていた生徒に会いました。
今日は2人会いました。
会社へ行く車で一緒になったのが、ミンさんというガタイのいい、ちょっと偉いポジションの30歳ぐらいの男の人。
彼は僕が前に日本へ帰るちょっと前に結婚しましたが、聞いたら今では2歳の男の子がいるそうです。
うーん。そういう計算になるのか・・・
ちょっと考えさせられます。

帰りの車で一緒になったのは、ミンさんと同じクラスで勉強していたトアンさん。
僕と同い年で28歳です。
トアンさんはスポーツマンなんだけどちょっとシャイで、そのくせスケベななんか複雑な男の子です。(表現が難しいけどいいやつですよ)
彼は昔から一人だけ彼女もいないし、浮いた話が全然なかったのですが、今日聞いたら状況は全然変わっていないみたいです。
彼女は?「いない」結婚の予定は?「ない」
この3年間は彼にとって何だったのか?
とっても面白くてやさしい男の子なのに・・・

今日会った二人は対照的で面白いですね。
3年してパパになっちゃったミンさんと、3年ぐらいじゃ何も変わらないトアンさん。
僕はどうしてもトアンさんに強いシンパシーを覚えます。
しかし、人生なんて変わる時は突然ドラマチックに変わるのかもしれませんね。知らんけど。
posted by →hiroyoshi at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

ハノイの裏道

一人じゃなかなか狭い路地を歩く勇気はないけど、だれかと一緒に散歩しているときは路地を歩いたりします。
今日はKimMa通りの裏道を歩いてみました。

そこでわかったこと。
どんなに狭くてもその道に店があるのであれば、その先はどこかにつながっているということ。
人の流れがあるからお店が開けるんですね。
単純ながら確信をついた真理。
(その反対に、ハノイには行き止まりの道もわんさかあります)

今日の裏道は本当に狭い道でしたが、売店があり、肉屋があり、道端で鳥の頭が売ってあり、野菜があり、蟹をジャブジャブ洗っていたり・・・そのうち公園みたいな広場があって小市場になっていました。

大通りを通っているだけじゃ決して見つからない裏市場ですね。
売っているものはどこの市場でもたいてい同じでしょうが。
posted by →hiroyoshi at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

家の周りの描写

村上春樹の『遠い太鼓』というギリシャ、イタリア滞在エッセイを読んでいます。小説とは違った面白さがあり、文章を書くお手本になるので日本から持ってきました。
あんまり知られていないかと思いきや、隣の部屋の姉さんも持っていて意外と人気が高いみたいです。



さて、突然ですが村上春樹のギリシャの島の描写をめざして、僕もハノイの家の周りを描写してみます。思い立ったので。

うちの正面はバイクがやっとすれ違えるくらいの細い路地に面している。
その路地を左に5メートル進むと、やや大きい路地に出る。
正面にはゴック・ハーの寺の池があり池の向こうに寺が見える。
池には緑の浮草が敷き詰められていて風情がある。ように見えるが、よく見るとゴミもそれに負けじと浮いている。
そういえば、近所の人がよくゴミ袋を堂々と池に放り投げている光景を目にする。赤いビニール袋がきれいな放物線を描いて池に落ちていく姿は、汚さを通り越して爽快ですらある。

路地を池の周りに沿って歩くと、右手にいろいろな店がある。
まずは床屋。
2軒連続して同じような床屋が並んでいる。
床屋では若いお姉さんたちがせっせと働いている。
その床屋の隣ではいつも男の人たちが突っ立っているかバイクの上に座って、歩く人々を冷やかしている。やっぱり南の国の男は暇なのに違いない。
近くの家の工事現場では子どもを抱っこしたおじさんや、暇なおばさん、子どもとかたくさんの見物客がいる。家の地ならしの何がそんなに面白いのか、僕にはよくわからない。

それからちょっとした乾物を売っている店があり、ブン(そうめんのようなもの)の店があり、セオム(バイクタクシー)のおじさんがバイクの上に座って新聞を読んでいたりする。

路地を抜けると、ゴック・ハーの大通りに出る。
通りにはお菓子など小物の売店が5,6件連続している。
大通りといってもそんなに大きくはないので、お菓子を買うための路上駐車の車やバイクが渋滞を作る。


以上、全然春樹っぽくないし、おおげさな書き方でしたが、うちの周りの描写でした。
posted by →hiroyoshi at 17:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ハノイの公安に呼び止められました

日曜日オペラハウスへ向かう途中でバイクを運転していたところ、公安に呼び止められてバイクを止めさせられました。
僕が運転していて、後ろにはChiが乗っていました。

運転は他のバイクと同じようにしていたので、自分たちだけなぜ止められるのか全く状況が読めませんでした。

しかし、我々は常日頃社長が言っている教訓を思い出しました。
「警察に捕まったら、ベトナム語も英語もわからないふりをしろ」と。
言われるまでもなくわかりませんが。

案の定日本語でぶつぶつ言ってたら公安の兄ちゃんも「めんどくせー。行ってよし」という感じで放してくれました。

さて、なんで捕まったのか未だに全くわかりません。
まあベトナムでは無免許ではありますが。
しかし、それは罪なのか?
だって、ベトナムではバイクの免許の試験を受けに行くのに、バイクで行くそうですよ。
外国人だからと言って、日本の二子玉川東急自動車学校で自動二輪教習を受けた僕をベトナムの公安ごときが捕まえようなどというのは百年早いのである!!!

さて今回の事件の結論としては、暇な公安が何となくバイクを一台捕まえてみたけど、言葉通じなくてめんどくさいから逃がしたというところでしょう。
そんなもんなのか?公安?
posted by →hiroyoshi at 02:41| Comment(1) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

髪を切ってもらいました

隣の部屋のChi(お姉さん)に髪を切ってもらいました。

どうせこのブログ盗み見ているので、ここで言っておきます。

Em xin cam on chi!
(お姉さんありがとう)

Chi cat toc gioi the!
(髪切るの上手だね)

さてこのベトナム語正しいかどうか?

Chiはほめられて育つ子だからとりあえずほめておきましょう。
posted by →hiroyoshi at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

ベトナム国立交響楽団

オペラハウスで交響曲のコンサートがあると知ったので、行き当たりばったり当日券で聞いてきました。

ベトナム国立交響楽団のコンサートで、フランス人指揮者とノルウェイ人の女性トランペッターがゲストでした。
曲はブラームス、ハイドン、シューマンでした。

チケットは一番安い20万ドン(日本円でだいたい千数百円)で3階席。
(日本の感覚だったらオーケストラとしては格安じゃないですか?)

初めてオペラハウスに入ったので写真を撮ってきました。

ベトナム交響楽団
ベトナム交響楽団 posted by (C)hiro

さすがオペラハウスというだけある。
オペラっぽい。
(アホなコメントですみません)

曲は全然知らなかったけど、はじめてオーケストラのコンサートを聞いて満足してきました!
なんとなく、このオーケストラはノリのいい曲のほうが得意みたいに感じました。
若いトランペッターソリストもばっちりソロを決めてかっこよかったです。

ベトナム国立交響楽団は「スケッチ」の記事でも紹介しているのでご参照ください。

http://www.vietnam-sketch.com/north/area/hanoi/2009/01-001.html
posted by →hiroyoshi at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

バドミントン

バドミントン?
バトミントン?
どっち?

タイトル書いてから疑問に思ったけれど、まあそれは本題とはかんけいありません。

最近朝起きてから隣の部屋の人とバトミントンをすることにしました。
場所は近所のお寺の敷地で。
なぜバトミントンかというとベトナムだからです。

さてここで、勝手にベトナム人気スポーツランキング
1位 サッカー
2位 バトミントン
3位 朝の体操

1位は不動の1位です。
サッカーの国際試合で勝ったり負けたりすると死者がでます。
ベトナムのサッカー好きは阪神ファンよりたちが悪いです。

2位も不動でしょう。
ハノイでは街のわずかなスペース(たとえばちょっと広めの歩道)にバトミントンコート、というかコートの線が描かれています。
好きな人は朝早く起きてバトミントンをします。
うまいのかどうかは知りません。

3位はとくに思いつかないので適当に入れてみました。
まあ、公園やお寺で中国風(にみえる)体操をしているおじさんおばさんがいることは事実です。

さて、僕らのバトミントンは朝といっても10時から開始します。だらだらっとやって30分続くか続かないか。

さて、この習慣はいつまでつづくのでしょうか・・・
posted by →hiroyoshi at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

同居人

僕の部屋の同居人のやもりくんです。

やもり君
やもり君 posted by (C)hiro


机の壁にくっついています。
うわさによると蚊を食べてくれるらしい。
家も守ってくれるらしい。

やもりくんは大切にしなきゃね!
ラベル:やもり
posted by →hiroyoshi at 00:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

誕生日(その後)

結果的に生徒には僕の誕生日スルーされました。
くっそー!

しかし、家の人がお祝いしてくれました。
ケーキを買ってくれて、ピザを取ってくれ、お菓子をくれ、習字を書いてくれ、抹茶をたててくれ、やりたい放題!

ニュンさんにキーホルダーをもらいました。
レクサス。
稼いで買えってことか?

キーホルダー
キーホルダー posted by (C)hiro
posted by →hiroyoshi at 13:56| Comment(1) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

28歳の誕生日

油断してたらいつの間にか僕の誕生日が来ました。
今日18日です。

今日の朝(正確に言うと昨日の朝)授業で、「明日は先生の誕生日です。みなさんプレゼントをください」って超ダイレクトに言っておいたので反応が楽しみです。なにもなくスルーされたら悲しいねえ・・・

今日は形容詞の勉強で、形容詞を2こ続けて言う練習をしました。
たとえば「ハノイはあつくて、きたないです」とか。
で、とうぜん「先生はどんな人ですか」って自分で聞きました。
生徒たちは「ハンサムで・・・」のあとでちょっと考えて、そのあと「かわいいです」ときました。

「先生はハンサムでかわいいです」
自分的には嫌いじゃない表現。
プレゼントも期待できそうでするんるん
posted by →hiroyoshi at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

ベトナムのバレンタイン

今日はバレンタインデーです。
そういえば去年やおととしは会社で義理チョコもらって、ホワイトデーに苦労してたのを思い出します。

今年はベトナムにいるので、男から女へ、つまりぼくがチョコをばらまきました。
といってもうちの人にだけですけどね。
生徒に配りだしたら何人になるか計り知れなくてこわいのでやめときました。

しかし、男→女のバレンタインのはずですが、ぼくはなぜか女の子の生徒から、手作りのやきもの?をもらいました。
わけわからないけど、なんかもらうとうれしいですね。

ぼくはお返しに「バレンタイン」と「チョコレート」をディクテーションさせてカタカナで書かせる練習をクラスでしてあげました。
みんな長くて書けないですね。

さて、話は飛びますがバレンタインという単語を聞くと、チェット・ベイカーの「マイ・ファニー・バレンタイン」が頭の中で流れ出してしまいます。
しょうがないから今日ばかりは、チェット・ベイカーの甘ったるい、どろどろチョコのような歌を聞きながらブログを書いています。
この「マイ・ファニー・バレンタイン」、タイトルにバレンタインとついているけど、2月14日のバレンタインデーのことを歌っているのかどうか歌詞をちゃんと読んだことがないからわかりません。僕の場合、バレンタインという単語に反応しているだけです。
ただし、聞けばわかると思いますがビターチョコレート的なドロドロ感が歌の中に漂ってる気はします。気のせいでしょうが・・・

「マイ・ファニー・バレンタイン」チェットみたいに歌えたらかっこいいですね。このダラダラした歌い方は、ジョアン・ジルベルトが見習ってボサノバの歌い方に影響を与えたといわれています。
弾き語りで歌えたらカッコイイ曲ナンバーワン!



posted by →hiroyoshi at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

守衛の部屋で

今日は金曜日なのでハイズン省の会社で教えてきました。
毎回同じような話ですが、門の前で帰りのバスを待っていると、守衛の兄ちゃんが守衛室に入ってすわりなよと言いました。
僕が地べたに座って待ってたから見かねて言ってくれたのでしょう。

どうもこの兄ちゃん僕をベトナム人だと思っていたようで、ベトナム語でたたみかけてきます。
日本人だよということを理解させて、君は英語話せないのかねと聞いてみたけど、「Can you speak English?」も通じない。

僕の下手なベトナム語では会話が続かなくて間が持たないから、バスが来るまでベトナム語の発音を教えてもらいました。
「つくえ」とか「とけい」とか「コップ」とか。
人間自分が知っていることを教えるとなるといきいきとするみたいですね。守衛の兄ちゃんもはりきって、楽しく勉強しました。

よく考えたら来週もバスを待つ30分間彼にベトナム語教えてもらったらいい暇つぶしになりそう。僕の学習ノートでも持っていこう!
語学は勉強自体がコミュニケーションになるんだなーと、またひとつ学びました。

20歳の若きハンサムガイの守衛、ズオン君でした。
posted by →hiroyoshi at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

あつい・・・

ハノイは一応季節があって、冬は寒くて夏は暑い。はずでした・・・
先月来た当初はたしかに寒かったけど、ここのところ暑いです。
初夏の陽気といえるでしょう。
ネットでは27度とかでているからやっぱり初夏ですね。

そして、その暑さを最も感じるのが教室です。
ぼくの授業どういうわけか超満員のことがあり、30人近く生徒がいることがあります。
そんな教室一歩入っただけでムッとしますね。

扇風機をかけてたけど、みんなのプリントが飛び散ってさあ大変。
ドア全開で他のクラスの迷惑も顧みず、大声で「あいうえお」を叫びちらし授業をしていました。
しかし、まだ2月。
2月で暑がっていたら、これからどうなることやら・・・

posted by →hiroyoshi at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

ベトナム語習います

このブログの読者の方は僕がベトナム語がそこそこできると誤解されているかもしれませんが、本当にたいしてできません。

英語で言うと中一レベルです。
過去形はわかるけど過去分詞(ってあったっけ?)はわからないようなレベルです。
動詞も「寝る」はしってるけど「起きる」はしらないような中途半端レベルです。

なので友達のランさんに日曜日ベトナム語を習うことにしました。
するとランさんに「知りたい言葉を考えておいてね」といわれました。
語学教師としてももっともな発言だと思います。
しかし、学習者として「知りたい言葉」がなんなのかって自分に問いだすのは意外と難しいですね。

たとえば、レストランに行ってなにか注文するとき、どんな言葉が必要かって言われたら、メニュー見て指させばいいんですね。
そりゃあサバイバルレベルだったら言葉なんかいりません。
その国の言葉を知らなきゃ飯も食えないようじゃ、バックパッカーなんか絶滅するでしょう。
でも、当然言葉がわかったほうが便利です。
たとえば、料理の種類でも肉料理はわかるけど、何の肉かわからなかったら注文もためらいます。
ハノイなんか間違えると犬肉とかゲテモノがあるので、生活者にとってはそういうものに引っかからない語学力はほしいですね。

という意味で言うと、このばあい「ほかにメニューはありますか?」とか「この料理は何が入っていますか?」とかそういうことを聞けるといいですね。
あとはヒアリングの問題かなあ・・・

今日喫茶店でコーヒー頼んだらなかなか出てきませんでした。
注文を取りに来たお姉さんと違うおばさんが来て、何かいいました。
僕が聞き取れたのは「チャオ(あんた)・・・チュア(まだ)・・・ウォン(飲む)・・・」とかそんなところでしたが、状況的に「注文したか?」って聞いたんだろうなって思って、「ゾイ(した)」って言ったらわかったみたいです。うん。結構通じているじゃん。
(そのあとなかなかコーヒーは出てこなかったけど、それはベトナムだから普通です・・・)

しかし、自慢してみたところで、僕にはやっぱりたいていのベトナム語はわかりません。
でも、何がわからないのかもよくわからない。
語学って難しいですねー。
ラベル:ベトナム語
posted by →hiroyoshi at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ギター曲のレパートリー

昨日はフランス人たちの家に行ってきました。
ギターもってけと言われたので持ってって弾きました。

そこで改めて、今自分がなにが弾けるか確認してみましょう。
(どうでもいい人にとってはどうでもいい話なのですっとばしてください)

スペイン系

禁じられた遊び
アルハンブラの思い出
ソルのエチュード(セゴビア編の7番ぐらいのやつ?)
ソルのメヌエット(の中で一番有名なやつ)
アストリアス(暗譜はした、というだけ)
グラナドスのスペイン舞曲5番?(有名なやつ。アストリアスよりは多少まとも)
コンポステラ組曲の2楽章(昔は全部弾いたのに・・・)
スペインの城 トリーハ

ヴィラ=ロボス

エチュード1番
エチュード11番
プレリュード1番
プレリュード3番
ギター協奏曲のカデンツァ(自己流)

バッハ

プレリュードBWV999
プレリュードBWV998
プレリュード チェロ組曲1番
プレリュード リュート組曲3番
プレリュード リュート組曲2番(たいていどこか忘れているけど)

その他

カプリス形式のアラベスク途中まで(最後の最後のフレーズが思い出せない!)
イエスタディ 武満徹編曲バージョン
カヴァティーナ組曲のバルカローレ(だったっけ?この曲)


おおお!こうやって書いてみると意外とたくさんありますね。
そしてなぜかバッハはプレリュードだらけ。
しかし全体的に明るい曲が少な過ぎて、軽いノリで弾けない・・・
昔から独自路線に走り過ぎてきたツケがたまっているようです。

まあ、コードでも覚えて弾き語りでもした方がウケるんでしょうね。きっと。
軟弱にスピッツでも歌うか。

きっみをわっすれなーいーカラオケ
posted by →hiroyoshi at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

蚊との戦いU

蚊取りラケット
蚊取りラケット posted by (C)hiro

うちのニュンさんがスーパーで買ってきた蚊取りラケットです。
こいつの秘密のスイッチを押して蚊を叩くとスタンガンのような音がして、蚊を殺すことができます。ヒヒヒヒヒ・・・
ラケットだけあって命中率が非常に高いので、構えたときに目に見えている蚊なら大体仕留められます。

しかし、殺戮の後やっぱり蚊の死体が床に散乱しするので、手放しには喜べないしろものです。

posted by →hiroyoshi at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

ベトナムのお年玉

昨日と今日は旧正月明けの最初の授業でした。
なので全クラス「あけましておめでとうございます」を教えました。
来年まで使わないだろうから、全員が100%忘れるほうに賭けます。

ところで、今までよく知らなかったけどベトナムにもお年玉制度があるようです。
といっても、日本のように必ずしも年長者が配るものでもないみたいです。
ぼくは先生なのに生徒からもらっちゃいました。

あるクラスでは「せんせい、ラッキーマネー」と言って袋に入ったお金をくれました。中身は1万ドン紙幣。

クラスによっては、「せんせいラッキーマネーちょうだい」みたいにお金を要求してくるクラスもありました。20人以上の生徒にお金を渡すことは不可能なのであげませんでした。

もらってばっかりでケチな先生ですね。
ええ、ケチですがなにか?

ラベル:お年玉
posted by →hiroyoshi at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ハノイの今と3年前

私は以前2005年4月から2006年3月までハノイで日本語教師をしていました。
今2009年2月だから、まあ大体3年前にいたのかなあと思って、人に会ったら「3年前にもハノイにいました」と自己紹介しています。

さて、3年前と何が変わったか。
重要な順にざっとあげるとこんなところでしょう。

@ケンタッキーができた。しかもたくさん
Aロッテリアもできた。たくさん
Bヘルメット着用が義務化された
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080122/asi0801221806004-n1.htm
C車がふえた
D物価が上がった

@Aは生活者にとっては重要です。
以前はそういうファーストフードというものがまったく存在しなかったのです。ホーチミンにはあったけど、首都たるハノイは全く遅れていたのです。だから我々がホーチミンやバンコクに出かけるときは必ず社長にお土産としてハンバーガーを買って帰るのが暗黙の了解になっていました。今やそれも昔の話。

Bはびっくり!
僕としては義務化されていない時も、バイク乗るならちゃんとヘルメットかぶっていましたが。まさかベトナム人たるものが法律化されたからと言ってきっちりみんな守るとは思っていませんでした。
ただ、飲酒運転はいまだにザルの取り締まりのようです。

Cはうざい!うざい!
車が増えたということは経済環境が上がったということでしょうが、こっちは基本バイク移動なので車なんかいたらバイクが走りにくいし、歩行者の道路の横断もさらに難しくなります。

Dはよくわかりません。
昔からハノイにいる人はみんな口をそろえていいますが、僕は滅多に食材を買ったり家賃を払ったりしたことがないのでいまいちピンと来ないのです。ただ、野菜とか食料品、家賃などいろいろなものが値上がりしているのは事実のようです。

というわけで、主観的にハノイの何が変わったかランキングでした!

ようは経済成長が目に見えているよ、ベトナム!っていうレポートでした。
posted by →hiroyoshi at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハノイで レッツ アイキドー

今日はハノイ貿易大学の体育館で合気道をしてきました。
私はこの道場?に3年前通って、はじめて合気道をしました。

その時は始めてから半年ぐらいで帰国したのでたいして上達しなかったけど、その後も東京の北区の道場で合気道をつづけ、多少上達してハノイへ帰ってきました。

久々に行ったら人が減っている。
かつては畳に入りきらないくらいベトナム人が渦巻いていたのに、ベトナムの合気道ブームは終わったのか?
それともテト休み明けだからまだ人が集まらないのか?

日本の合気道に慣れてからハノイの道場に帰ってくると、ある意味戦場ですね。
合気道はいかに力を抜くか、相手の力を利用するかというところが極意なのですが、みんな「リラックス、リラックス」といいつつ、力任せに押さえつけてくる。
こっちもそれを力を使わずに返せれば理想ですが、まだまだ素人。そう簡単にはいきません。
もうちょっと形から入る練習もしろよと思いましたが、実践的という意味ではいいのかも。

久々に運動して、息ハーハーです。
ビールがおいしい・・・

と余裕こいているけど、明日から仕事だー!!!

ハノイの合気道紹介
ラベル:合気道 ハノイ
posted by →hiroyoshi at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

鼠の話

今日のハノイはいい天気ですが引きこもっているので変わったネタはありません。しょうがないから鼠の話でもしましょう。

私日本ではほとんど野生の(?)鼠をみたことがありませんでしたが、ここハノイでは鼠との共同生活みたいなもので、いたるところに現れます。
夜ご飯を食べていると冷蔵庫の裏に鼠が走っていくのが見えたりします。
昼空を見上げると電線を鼠が走ってたりもします。

もちろん鼠は人間の敵です。
見つけたら誰かが戦います。
だけど僕は鼠が怖いから遠くから戦っている人を応援するのが主な仕事です。

ベトナム人の地方育ちの人は鼠と勇敢に戦います。
僕が昔部屋で鼠に襲われたとき、ゲアン省育ちのチャウちゃんが箒で戦って助けてくれました。

このテト休み中勇敢なベトナム人たちは、みんな田舎へ帰ってしまいました。勇敢な社長がいたからまだよかったけど僕一人だったらかなりこわかったですね。

最近鼠捕りで家にいる鼠を2匹仕留めました。

鼠捕りというのは、ゴキブリホイホイみたいに鼠が上に乗ったらくっついちゃう仕掛けです。

最初のやつがかかったときは、鼠が得意ではない女の子しかいなかったので僕がしぶしぶビニール袋に入れました。
その後は知らないけど、たぶんそのままゴミやに出したのでしょう。

2匹目は社長と一緒にいるときにかかっているのを発見しました。
ちっちゃい子ネズミでした。
社長がビニール袋にいれて、それから「見せしめだ」といってバケツの水につけて水死させてしまいました。
無邪気な殺戮ってかんじ・・・
もう鼠には生まれ変わるなよ・・・ナンマンダブ

しかし2匹倒してもまだ鼠がでるようです。
気がづくと食卓に鼠のフンが落ちてたりします。

まだまだ戦いは続くようです。
ラベル:ねずみ ネズミ
posted by →hiroyoshi at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ハノイの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。