2009年08月09日

ギター協奏曲 ヴィラ=ロボス

villa1
villa1 posted by (C)hiro

villa2
villa2 posted by (C)hiro

レスパスというフランスの文化会館で、ヴィラ=ロボスの曲をやるコンサートに行ってきました。
チェロ、フルート、室内弦楽器でブラジル風バッハなどを演奏していましたが、極めつけはギター協奏曲です。
日本人の坂場圭介さんというギタリストが、ベトナム交響楽団にジョインして演奏していました。

最初出てきたときは若くてちょっと不安そうな感じでしたが、さすがしっかりしたプロの経歴を持つだけあって、オーケストラをバックにしっかり弾ききっていました。

ギター協奏曲はセゴビアがヴィラ=ロボスに依頼して書かせた曲です。
セゴビアはギターをクラシック楽器として認めさせるために、いろいろな作曲家に協奏曲の作曲を依頼しました。
その中の一つがギター協奏曲です。

しかしセゴビアはギターの神様とはいえ、偏屈なおじさんです。
ヴィラ=ロボスに曲を作らせはしたが、ギター協奏曲は気に食わず、自分で弾くことはありませんでした。

同じように、スペインのロドリーゴが作曲したアランフェス協奏曲も、弾いていません。これはたぶん初演者としてサインス・デラマーサが選ばれたので、それをねたんでいたというのが通説です。
ロドリーゴはそのあとでセゴビアの機嫌を損ねないために、「ある貴紳のための協奏曲」を書いてセゴビアにささげています。この「貴紳」というのはもちろんセゴビアのことです。「ある貴紳のための協奏曲」も名曲としていろろなギタリストに弾かれています。

さて、ギター協奏曲。
ギター協奏曲はすごくかっこいいのに弾いている人がとても少ない。
特に第二楽章の最初のメロディー、ギターの入り方なんかとっても好きです。きのうは初めて生で聞いて一人で鳥肌立っていました。

でも、きのう聞いていてこの曲があまり弾かれないわけもなんとなくわかりました。
それは、ギターのパートとオーケストラパートの音の住み分けの問題です。
ギターがクラシック楽器としての地位を高められない理由はひとえに音量の問題です。ほかの弦楽器や管楽器に比べてあまりに音が小さすぎるのです。

だから協奏曲を作る時も、ギターの音をいかに目立たせるかということが重要になってきます。
ヴィラ=ロボスのギター協奏曲はもちろん肝心な部分はギターパートがしっかり目立っているのですが、オーケストラが鳴り響いているときにギタリストが難しいスケールを超高速で弾いていて、それがもったいないことに聞こえないのです。セゴビアもたぶんこの曲のそういうところが気に食わなかったんだと思います。
自分が超うまいのに、まわりの音にかき消されて全然目立たない。
そういうシチュエーションはセゴビアが最も嫌いそうなところです。

でも、ヴィラ=ロボスの立場から言わせてみるとそんなことはどうでもいいことだったんじゃないかと思います。
ヴィラ=ロボスの曲はブラジルの大地に根づいた広大な音楽です。ギターという楽器をもちろん愛してはいたでしょうが、その楽器のために自分の音楽を変えることはしない。
おそらくそこがセゴビアとの決定的な違いでしょう。

ヴィラ=ロボスの12の練習曲なんかも、ある意味ギターをなめているからこういう曲が作れるんじゃないかって思うことがあります。みんながんばってむずかしい曲を書いているど、こんな簡単に書いてもすごい迫力の曲はできちゃうんだよ。ほらね。って感じ。

ぼくはギターしか弾けないのである程度セゴビアの気持ちもわかるけど、音楽的にはヴィラ=ロボスの志向を支持します。
音楽あってのギターであり、音楽を無視したギターにはなんの価値もありません。まあ、そんなひどいギター曲に出会ったことはありませんが・・・
posted by →hiroyoshi at 02:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったよね〜
でも 君も十分うまいと思う。
ハーモニクスとか。
Posted by のど at 2009年08月11日 12:00
ありがとー
そう言ってくれるのはのどかちゃんだけだ
Posted by ひろよし at 2009年08月11日 14:30
初演はしているが、スタジオ録音をしなかっただけ。確か第1楽章だけはライブ音源が存在してるはず。
あくまでもセゴビアは1893年生まれのロマン派最後期のカザルス・クライスラーと同列で評される一流演奏家。自身が述べているように音楽に(彼にとって)美しくない音を持ち込んだ作品が嫌いなだけ(マルタンのエピソードが有名)。
アランフェスのソロパートはレヒーノのテクニックで書かれているし、アリーリョ・ディアスやイエペスのようにほとんどレヒーノが作曲したと考えている演奏家もいる。またアランフェスが書かれた時点で南米に亡命中のセゴビアとヨーロッパに留まったロドリーゴの接点は皆無に近い。
セゴビアが一時期一番好きな協奏曲として挙げたポンセの南の協奏曲のソロパートと、セゴビアにアランフェスのレッスンを受けたジョンの演奏を傍証としてアランフェスのセゴビア校訂版を想像すれば、発言(いささか高音域に片寄りすぎている、ギターの美しさはマンドリンのそれとは違う)通りのポリシーのヴァージョンが出来上がるはず。
その上セゴビアは少なくともリョベートの死後、名実ともに世界一のギタリストであり続けたことは否定できない事実。自分のポリシーを曲げてまでアランフェスを弾く必要性はなかった。
蛇足ながらアランフェス初演当時メカニック的に絶頂にあったレヒーノもそれが次第に衰え、50年代に入ると次の世代の演奏家たちがアランフェスを演奏し始める。アルヘンタに抜擢されたイエペス、セゴビアの助教を務めたアリーリョ・ディアスはレヒーノ門下生、アメリカ初演のレイ・デ・ラ・トーレはリョベート門下生、十代後半のブリームは持ち前の音楽性で当時のテクニック的な最難関を克服している。
Posted by *** at 2012年10月02日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125305858

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。