2009年07月22日

夏の闇



開高健の『夏の闇』3回目(ぐらい)を読み終わりました。
開高が第二の処女作と言っているように、この小説は開高の小説の中でも特異な小説です。この小説で開高は初めて自分自身について書いたように思います。

『ベトナム戦記』や『輝ける闇』では開高は事実上の戦場のレポートを、アメリカ人でもベトナム人でもない日本人という立場で描ききりました。そこでは、開高が実際に従軍した体験、リアルな戦場が描かれています。
しかし、ただ戦場の激しさを描いたレポートなら開高以外にもいくつかあります。開高の何が際立っているかというと、戦場のなかで自分の恐怖を直視したことです。
写真家の一ノ瀬泰造なんかは、日記を読んでも死んでもいいというがむしゃらさが伝わってきて、それによって自分の中の恐れを消している感じがします。
しかし、開高はすでに芥川賞という名声ももらった作家です。守りに入ろうと思えばいくらでも守れる作家が、あえて従軍し、そして自分が何をしているのかと問い直すのです。そして、死に直面して生まれる自らの恐怖の大きさを、正確に測りこんで文章にしています。

『夏の闇』は最初から70%はベトナム戦争とは関係のない話です。
しかし、全体を見渡すと主人公がなぜ戦場へ行くのかということを、ベトナムから遠く離れた場所で見つめなおす小説になっています。
しかしそれははっきりした言葉では書かれていません。ただ状況が書かれているだけです。

本質的な意味を失いながらもまともさを取り繕って動こうする世の中や、空虚な人付き合いをバカにしつつも、自分を正当化できない主人公が行き着く場所は戦場でした。
それは文化も文明もない野蛮な国かもしれない。
でも、そこは死と隣り合わせになることで生まれる生の奔出がリアルに感じられる唯一の場所だったのかもしれません。

そんな開高に比べればぼくがこんな平和な時代のベトナムで甘ったるく暮らしているのは冒険でもなんでもないんだなあとつくづく思います。
posted by →hiroyoshi at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123993051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。