2009年07月14日

できない人の気持ち

大学院に合格したので、推薦状を書いていただいた学部時代の先生にお礼のメールを書いてみました。
本当は手紙がいいのかもしれないけど、ちゃんと届くのかわからないし、でも、メールも先生がちゃんと見ているアドレスかどうか定かではない。

メール書いてみて思いましたが、先生にお礼のメールを書くのってとても難しいですね。
手紙文例集のページをみて、季節のあいさつをしてみたり、お礼を言ってみたり、やっぱり文章でもめったに書かない形式のものはそう簡単に書けません。

日本人が日本語で書いてこれだけ難しいんだから、外国人が日本語でメールを書くのも、大変なことなんだろうなと思います。
そういう大変さを先生が感じないで、当たり前のこととして教えているといい先生になれないと思います。
できない人の気持ちがわからなきゃだめです。
そしてぼくがほかの先生より優っている強みは、できない人の気持ちだけはよくわかるということでしょう。自分も頭の回転が悪いので。

だからといっていい授業ができるわけじゃないけど、慰めぐらいにはなるさ!

みんな精進あるのみ。
posted by →hiroyoshi at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんたは 自分が思ってるほどできない人間じゃない!
そしてあんたは生徒に好かれるいい先生だ!
Posted by のどかなり at 2009年07月15日 11:06
ありがとー
あんたもね!
Posted by ひろよし at 2009年07月15日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123479546

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。