2009年07月05日

粉屋の踊り

ギター界の王家、村治一家の佳織ちゃんと奏一くんが、二重奏をしているyoutube映像がありました。
去年のテレビの映像だから、ギタリストでありながら知らないのは僕だけかもしれません。
海外にいるから情報弱者ってことで・・・



「粉屋の踊り」っていうファリャの曲で、ふつうソロで弾く曲を2人でやっています。
もちろんこの兄弟最高にうまいけど、やっぱり粉屋はイエペスだよなーって、大学の時先輩と盛り上がっていたのを思い出しました。
イエペスというのは言わずと知れた、ナルシソ・イエペス。
「禁じられた遊び」を民謡からアレンジして、映画音楽にして、超有名にした人です。

ギターを始める人がまず聞き始めるのが、イエペスのギター有名曲盛り合わせCDみたいなこれです。↓


このCDは、あまりに有名な曲をあまりにさらっと弾きすぎているので、初心者向けのCDであるにもかかわらず、初心者にはこのCDのすごさが分かりづらいのです。
ぼくもこのCDのイエペスの超絶テクニックは、先輩に指摘されるまでわかりませんでした。

で、なにがすごいかって、やっぱり極めつけは粉屋です。
早いメロディーを弾きながら裏で伴奏のスケールを弾いているところとか、ちょっと研究しないと意味がわかりません。

ぼくはほかにもアランフェスの演奏も、イエペスが断トツだと思っています。イエペス以外でテクニック的に神がかっているのは、山下和仁ぐらいかなと思います。でも、音楽的にはジュリアン・ブリームが大好きです。
そのうちまた語ります。


posted by →hiroyoshi at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。